Dream Japan

勝利の美学


篠塚和典氏が自身のベースボール・ヒストリーを綴った電子書籍

 「勝利の美学」
"Baseball Artist"、篠塚和典の思考法!

好評発売中!



球春開幕号


「Dream Japan Baseball 6
(ドリーム・ジャパン・ベースボール・シックス)」球春開幕号

好評発売中!




□ 2012年夏季合宿後記


約2週間に渡って元巨人、WBCコーチの篠塚和典氏と子供たちが夏休み野球合宿を行いました。

前半はベースボールマガジン社水道橋Annexで定期開催しているBTM(Baseball Training & Mental)アカデミーの生徒を中心に8月15~17の3日間、少数精鋭を個人指導。
後半は23、24日の2日間、新規の生徒も含めた徹底指導を行いました。

野球教室



朝9時~夕方5時まで練習し、6時からはみんなで晩御飯。

夜7時半~10時半までは個別指導という内容で、翌日の朝は6時45分から早朝の富士山を観に山中湖まで散歩。

ジャイアンツでも、長嶋さんはじめ、朝の散歩は恒例行事になっております。

キャッチボールの仕方にはじまり、ネットを使ってのトスバッティングやスローイング、キャッチングなどの基礎練習もみっちり。

午後には特守や特打を行い、夜間は個人個人を徹底指導。

夏季合宿・ノック

夏季合宿・スローイング

中でも、畳の上での素振りは、栄光の巨人軍の伝説的スター選手たちの個人練習を彷彿させ、雰囲気のある内容の濃い練習でした。

夏季合宿・個別指導

篠塚さんの指導では、生徒のバットの重さや、腕の使い方、体重移動、バットの軌道など細部を一発で見抜く眼力に驚かされ、やはり巨人、WBC等でコーチを歴任された真のプロフェッショナルであることを痛感しました。

それまで何となく振ってそれなりの結果を残していた生徒のスイング軌道が、みるみるプロ野球のスター選手のようなカッコいいスイングに変化していく光景は、「さすが」、の一言につきました。

帯同した元巨人、オリックス所属の長田コーチ、桐蔭学園高、中央大学の中山コーチらもメモやコメントを寄せて、生徒の面倒を見てくれていました。

最後に教えたことの継続と、またチェックポイントをもうけましょう、ということで指導を終え、グラウンドにむかって一礼いたしました。

夏季合宿・集合


その後、一部生徒は横浜 vs 巨人戦を観戦に横浜スタジアムへ!

長嶋政権での伝説の「伊東キャンプ」の盟友で、2011年3月の東日本大震災を篠塚さんと一緒に見舞いにいった中畑さんが今年監督になられて、「もう一度来る」という約束が今年果たせなかった岩手の子供たちのために2012年7月に篠塚さん、定岡さんらで実施した岩手の子供たちへの復興支援野球教室の実現について中畑さんは篠塚さんへ感謝の意を表してくれ、サインと共に子供たちと写真もとってくれました。さすが、サービス精神旺盛な中畑さんです!

その後ラミレス外野手と三浦投手がサプライズで来てくれて、子供たちは一目散にかけよったところ、一緒に写真もとらせてくれました。(横浜の関係者の皆様の親切なご対応、ありがとうございました!)

子供たちは巨人ファンも多かったのですが、横浜さんには、ぜひとも今後、ジャイアンツと優勝争いをして欲しいものです。

合宿期間中は、16日に高橋由伸選手が通算300号本塁打を記録したり、20日は女子野球日本代表が世界一、23日は甲子園決勝で大阪桐蔭が青森光星学院に再度勝利し、春夏連覇、そして24日が往年のユニフォームが復活した「グレートセントラル復刻ナイター」、野球観戦と野球のトピックスも目白押しで、まさに「野球漬け」週間でした。

白球を追いかけるのは楽しいものです。

お子さんも、親御さんも、家族でふれあい、改めてもう一度、「野球が楽しい」と思ってくれる機会が出来たとすれば、非常に有意義なキャンプになったと思います。

夢や未来のある子供たちを支援し、大人たちも、もう一度、夢をみる機会が出来れば、最高の瞬間だといえると思いますし、白球がすべての雑念を忘れさせ、夢中にさせてくれました。

皆様ともぜひ今後、何らかの機会でこういった行事で、野球、スポーツの楽しさを共有することができれば、幸いです。



Dream Japan 事務局スタッフより


篠塚和典オフィシャルブログ 「篠塚流真剣(心健)野球塾」 8月15~17日合宿

篠塚和典オフィシャルブログ 「篠塚流真剣(心健)野球塾」 8月22、23日合宿

本件に関するお問い合わせは、Dream Japan 事務局 まで。